【WEB】ホーム社文芸図書編集部公式noteで新連載エッセイ 湯澤規子「食べる歴史地理学 見えない食を歩く」が始まりました。

 

今春よりホーム社文芸図書編集部の公式noteが始まりました(https://note.com/homeshabungei)。これまでお知らせや「HB」の過去の記事を公開してきましたが、満を持して新連載エッセイがスタートします!

 


 

『7袋のポテトチップス』『胃袋の近代』など、「食」から歴史を見つめなおす著書が注目を集める歴史地理学者の湯澤規子さん。

 

誰にとっても身近でありながら、歴史研究ではこれまで「見えない」分野だった「食」の世界。そのこと自体が、私たちの世界との向き合い方を表しているのかもしれない、と湯澤さんは語ります。
 

時代を支えた、名もなき人々は何を食べてきたのか? アメリカ・ボストン、愛知県の尾西織物業地域……フィールドワークに飛び回り、新たな発見にわくわくする、知的冒険の旅が始まります。