【電子書籍】加賀乙彦『加賀乙彦自伝』の配信が始まりました。

 

『帰らざる夏』『宣告』『湿原』『永遠の都』『雲の都』など数多くの名作を世に送り出し、日本文学界を代表する作家の一人である加賀乙彦さん。
91歳を迎えた今年、その人生の歩みを語り下ろした初の自伝が、電子書籍でも読めるようになりました。

 

加賀乙彦 自伝

2020年5月29日(金)より電子版での配信開始
 

自伝的長編小説『永遠の都』『雲の都』の真実とは? 戦前の東京に生まれ、体験した二・二六事件の記憶、陸軍幼年学校における敗戦体験、医学生時代のセツルメント運動、東京拘置所の医務部技官時代、犯罪学・精神医学研究のためのフランス留学、作家活動の始まり、キリスト教の洗礼……。

 

知られざる様々なエピソードから、駆け抜けてきた80年余の時代と、作家、精神科医としての素顔が生き生きと浮かび上がります。